2015年12月19日

【将棋ウォーズ実況 352】 相居飛車からの急戦 【10切れ】



(31分07秒) youtubeで有名な人の動画らしいです。

動画の半ばが定跡講座になっています。お互いに飛先交換をした局面から2二角成、同銀、7七角とする変化についてですが。

ちょっと苦言を呈せば――以下、8九飛成、2二角成、同金、同飛成に7九龍とした局面で、同金、7七角で王手飛車をかける手しか紹介していませんが(玉が逃げるような手は示していますが、それもちょっと余計かな、と……)、7九龍には6九金と受けるくらいしかない(もしくは銀合い)というのが一応のこの変化での最終的な手順になっています。それに9九龍と逃げておいて後手優勢という変化です。(つまりは王手飛車よりはこっちの方がまし、という見解)

この時に金か銀のどちらか1枚を使わせているから、後手玉の詰めろが消えている、というのがポイントです。金銀の持駒があれば4一金、同玉、4二銀、5二玉に以下開き王手で詰むという詰めろですね。

ところがうp主の実戦では、(2二飛成、と王手飛車を避ける手順となったその先で)2二飛と打たれて、これが先の詰めろと同じ手順なのですが、それに気付かずに詰まされて負けたようです。

という事は先程の局面で1枚使わせれば詰めろが消える、という認識がなかったという事になります。

あの手順をキチンと把握してなかった上での講座だったという訳ですね。
講座をする上ではなるべく正しく理解してやって欲しいなと思った訳ですが、まあ個人の動画にあまりうるさく言っても仕方ないとは思います。久し振りの更新でちょっと書き過ぎてしまいましたか……
posted by ぺぺんが at 01:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 (実況・級位者の将棋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431373626

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。